再発を防いでくれる、
優れたねずみ駆除業者の
情報を集めました

ねずみ駆除業者ガイド » 本当にあったこわ~いねずみ被害事例 » 病気にかかるかも

病気にかかるかも

ねずみが家に棲みつくと、実は健康に害を及ぼす可能性があります。ねずみによる健康被害の事例をご紹介します。

実はこんなに怖い!ねずみが引き起こす健康・人体被害

家に棲みつくねずみは、当然清潔なねずみではありません。いろいろな雑菌を持っている可能性があり、住む人に病気をもたらします。一匹家に棲みついただけでも厄介な存在です。

ねずみがどんな菌を持っていて、どんな健康被害が起こりうるかご存じでしょうか?ねずみが棲みついたようだと感じる方は、駆除を強くお勧めします。でないと、ここでご紹介するような健康被害に悩まされることになるかも…?

被害事例

ダニやノミが発生

ねずみの体には、イエダニやノミがたくさん寄生しています。

これらは人間の血も吸うので、ねずみが棲みついた家に住んでいると、あちこちに血を吸われた痕ができたりします。虫さされのようなものがたくさんできるようになったら、ねずみに寄生したダニやノミの存在を疑うべきです。

ねずみにかじられる危険

また、ねずみは何にでも噛みつく習性があります。家具や壁、柱、ケーブルなどがかじられることは珍しくありません。それに加えて、人間に噛みつくことも。

ねずみが家に棲みつくことで起こった健康被害事例には、こんなものがあります。

寝たきりの老人に噛みつく

寝たきりの老人はあまり動かないので、ねずみにとっては恰好の標的。肉をかじり取られたという事例も報告されています。

生後数ヶ月の赤ちゃんを噛む

アメリカであった事例ですが、棲みついたねずみが赤ちゃんをかじって殺してしまった事例があります。

他にも、台湾で腕を噛まれた赤ちゃんが靭帯まで損傷してしまったという事例があります。

ねずみに噛まれたことによって起きたアナフィラキシーショックで死亡

ハチに刺されたときに発症することで知られているアナフィラキシーショックは、ねずみに噛まれたときにも起きます。

これはいわゆるアレルギー症状で、2度噛まれると発症すると記憶している方が多いと思います。しかし、実際には一度噛まれただけでも発症する可能性があります。

鼠咬症で肺炎や肝炎などを発症

ねずみに噛まれると、ねずみの持つスピロヘータやモニリホルムレンサ桿菌が、傷口から人体に入り込むことがあります。これは肺炎や肝炎、胃潰瘍を引き起こす怖い菌。

日本でも、老人がねずみに噛まれて感染した事例があります。アメリカでは、ペットショップのねずみに噛まれた老人が感染し、死亡した事例もあります。

「小さなねずみに噛まれたくらいなら大丈夫でしょ?」なんて考えているとしたら、それはとても甘い考えです。ねずみに噛まれただけでも、人は死に至る可能性があるのです。

たかがねずみだと油断していると、うっかり噛まれてしまう可能性が十分にあります。

しかも、さらに恐ろしいのがねずみが媒介する雑菌・病気です。

ねずみが持つ雑菌

ねずみは、自身の体はもちろん、付着しているダニやノミ、そして排泄物などに雑菌を抱えています。尿を垂れ流しながら走り回る習性があるので、家中に病原菌をばら撒いて走る生物だと考えていいでしょう。

そして、そのねずみがばら撒く雑菌は深刻な症状を招くものが多いのです。以下に、ねずみの持つ雑菌と、その症状をご紹介します。

ハンタウイルス

このウイルスは、ハンタウイルス肺症候群や、腎症候性出血熱を引き起こします。腎症候性出血熱はソウルウイルスやドブラバウイルスでも発症します。

これらは発熱や腎不全により、乏尿や多尿、頭痛、臓器の出血などを引き起こします。重症化すると死亡の恐れもあります。

日本ではほとんど感染例はありませんが、港湾地区に棲むドブネズミはハンタウイルスを保持していて危険だとされています。

しかも、ハンタウイルスによる病気には治療法はありません。対処療法しか行えない、恐ろしい病気です。

サルモネラ菌

サルモネラ菌は食べ物や手などから口に入り、感染します。腹痛や嘔吐、下痢を引き起こし、高齢者や乳幼児は重症化しやすい病気。

毎年2,500〜2,700人ほどの患者が発生しており、誰でもかかる可能性がある病気です。

食品を加熱すれば菌は死滅しますが、ねずみが容器や食器に菌をばら撒くことで感染につながる可能性があります。

レプトスピラ菌

ドブネズミの排泄物に汚染された水や土から感染。黄疸や高熱、筋肉痛を引き起こし、重症化すると全身から出血して死亡するという恐ろしい病気です。

特に重症なものはワイル病と呼ばれます。最近では死亡例はあまりありませんが、日本でも沖縄では流行することがあります。犬やハムスターなど、ペットにも感染します。

人間だけ注意していればいいというものではないので、さらに危険性の高い菌です。

チフス菌

これもねずみの排泄物から感染する菌です。腹痛や頭痛、発熱、血便などの症状が出ます。発展途上国での被害が多いのですが、日本でも年間30〜70人の感染例が報告されています。

これまでは海外に渡航したことで感染していたのですが、最近は海外渡航経験のない人の感染が増加しています。

実は、チフスは「健康保菌者」という菌を持っていてもチフスの症状が出ない人がいます。

この人は特に自覚症状がないものの、この人がチフスの被害を広げてしまう可能性があります。

日本では健康保菌者による大きな被害は報告されていませんが、アメリカでは健康保菌者からチフスが広がったことで、数十人が感染し、少なくとも3人が死亡したという記録が残っているようです。

ツツガムシ

ねずみに寄生するツツガムシが、人の体液を吸うときに感染する病気がツツガムシ病。

ツツガムシはリケッチアという微生物に感染していることがあり、これが原因でツツガムシ病を発症します。

数週間の高熱の他、頭痛や発疹などの症状も出ます。重症になると、血液が血管の中で固まり、多臓器不全を起こして死亡することもあります。

予防ワクチンはないため、ツツガムシに刺されないように予防するしかありません。致死率は7%程度ですが、治療をしなければ3割程度まで跳ね上がります。

E型肝炎ウイルス

その名の通り、E型肝炎を引き起こします。黄疸や肝臓腫大、腹痛などを起こします。妊婦は特に危険。

致死率が20%にも上るので、注意が必要です。また肝炎にはワクチンがありますが、E型には対応するものがありません。

ペスト菌

日本では感染は起こり得ないと考えてもいいものですが、ねずみはペストを媒介します。海外では未だ危険な病気。

リンパ節が腫れ、高熱や頭痛が数日間続き、敗血症を引き起こします。とりわけ肺ペストと呼ばれるものは、すぐに治療をしないと24〜48時間以内に死亡します。

健康的な暮らしのために、ねずみは駆除が必要!

案外知られていない、ねずみの健康被害。実はこんなに怖い被害事例がたくさんあるんです。

ねずみが家に棲みついたと思ったら、あとで後悔する前にきちんと駆除しておくことが大切。

自分で駆除しようとすると、噛まれたり細菌に触れたりすることで、こういった病気にかかってしまう可能性もあります。

必ず専門の業者に依頼して、ねずみの駆除だけでなく、消毒などもしっかりと行って健康的な暮らしを保てるように心がけましょう。

完全駆除したいなら! 信頼できるねずみ駆除業者3社 ねずみ駆除業者3社はこちらから
目指せ完全撃退!ねずみ駆除業者ガイド【首都圏版】