再発を防いでくれる、
優れたねずみ駆除業者の
情報を集めました

ねずみ駆除業者ガイド » 家ねずみなんでもQ&A » ねずみの死骸はどう処理するべき?

ねずみの死骸はどう処理するべき?

ネズミ駆除のときに出た死骸をどう片付けるべきかまとめました。

ねずみの死骸はどう処理すればいい?

市販の殺鼠剤や粘着シートを使ってネズミを駆除すると、家の中にネズミの死骸が残ります。駆除業者に依頼すれば死骸もきちんと処理してくれますが、自分たちで駆除する場合は死骸の処理までしなくてはいけません。

ここでは死骸の処理方法について説明します。読んでみて「自分でやるのは難しいかも…」と感じたら、余計な手間をかけずに駆除業者に依頼するほうがいいでしょう。

手袋・マスクをつけて作業する

家の中でねずみが死んでいるのを発見しても、素手で触るのは厳禁!ねずみの体には病原菌やダニなどの有害生物が住み着いています。死ぬ前に毒えさを食べて暴れまわり、病原菌が大量に含まれたフンや尿をまき散らしている可能性も。素手で触ると病原菌やダニなどに直接触れてしまうことになり、感染症やそのほかの病気を引き起こしかねません。そのため、処理するときは必ずマスクと手袋をつけましょう。

ねずみが原因で起こる病気

もしねずみに素手で触ってしまった場合、以下の病気になることがあります。命にかかわる病気が多いため、作業するときは衛生管理を徹底してください。

細菌が原因となる病気

腎症候性出血熱・ハンタウイルス肺症候群・食中毒・腸チフス・パラチフス・E型肝炎・レプトスピラ症

体にいるダニが原因となる病気

皮膚炎・ツツガムシ病

体にいるノミが原因となる病気

皮膚炎・ペスト

死骸を見つけたら

もし家でねずみの死骸を見つけたら、すぐに殺虫剤をまきましょう。ねずみが死ぬと寄生していたダニやノミなどが寄生先を探して家中に逃げていきます。殺虫剤をまくことでダニやノミを駆除でき、家に拡散するのを防げます。死骸を片付ける間に刺される場合もあるので、入念にスプレーしておきましょう。子どもや若い女性は肌がやわらかく刺されやすいため、特に注意が必要です。またペットを飼っている場合は、気づかないうちにペットへ寄生されることも。家に広がってしまう前に早い段階で駆除してください。

死骸を放置すると病気の原因に!?

面倒だからと見つけた死骸をそのまま放置してはいけません。見つけたらすぐにマスクと手袋を装備して片づけましょう。死骸のあった場所は早く掃除と消毒をしないと、腐ってウジやハエがたかるようになります。ねずみでなくても死骸は不衛生なもの。細菌も多く、病気を引き起こす原因になります。誤って子どもが触ってしまった場合は、即座にアルコールや除菌スプレーで消毒しましょう。

死骸の片付けかた

ねずみの死骸は周りに落ちているゴミや粘着シートと一緒に新聞紙やチラシなどにくるみ、ジップロックで密閉するのがベスト。細菌が広がるのを食い止められます。多くの自治体では燃えるゴミとして捨てられるため、他のものとまとめて捨てるのがおすすめです。ただし自治体によっては処理方法が違うこともあるので、住んでいる地域のゴミ出しルールを確認してください。

死骸の処理方法がわからないときは、地域の区役所や保健所に連絡しましょう。保健所に問い合わせればゴミ出しの方法以外にも処理の手順や注意点、今後の対策などをアドバイスしてくれます。地域によってねずみへの対策は違うため、住んでいる地区の保健所に相談するのが◎。

庭のある家では穴を掘って埋める方もいるようですが、子どもや動物が掘り返してしまう可能性もあるため避けてください。作業の間は死骸に触り続けるので、病原菌や細菌が体に移りやすく感染症の危険性が上がります。市町村で定められた方法に従って処理しましょう。

完全駆除したいなら! 信頼できるねずみ駆除業者3社 ねずみ駆除業者3社はこちらから
目指せ完全撃退!ねずみ駆除業者ガイド【首都圏版】