再発を防いでくれる、
優れたねずみ駆除業者の
情報を集めました

ねずみ駆除業者ガイド » 家ねずみなんでもQ&A » どこから入ってくるの?

どこから入ってくるの?

ねずみが家に侵入してくる経路について、調べてみました。

一体どこから入ってくるの?ねずみの侵入経路を調査!

住人が気づかないうちに、いつのまにか侵入経路を見つけて棲みついてしまう家ねずみ。家を出入りしているところを見ることはなかなかないと思いますが、一体どこから出入りしているのでしょうか。気になる家ねずみの侵入経路について調べてみました。

ねずみは小さな隙間から侵入できる

ねずみは、人間ではすぐには見つけられないような小さな隙間から侵入します。500円玉サイズの穴があれば、ねずみは容易に侵入できます。家ねずみの中でもサイズの小さいハツカネズミなら、もっと小さくても侵入できます。

そのため、思いもよらないところからねずみは侵入してきます。それでは、ねずみの侵入経路の代表的なものをご紹介しましょう。

人間が生活するエリア

キッチン・水回り

まず代表的なのはキッチン。電気、ガス、水道全てがキッチンに通じています。ということは、ねずみが通る穴があるということです。配管や配線の隙間を利用してねずみは侵入できます。電気のブレーカーも大きな穴を開けて設置することがあり、ここを利用することもあります。

また、同じく洗面所やトイレ、洗濯機の排水溝など、水回りにも隙間があれば出入りが可能です。

玄関

玄関の下駄箱の下などに、小さな隙間があるとねずみが出入りします。また、玄関の開け閉めの際に紛れ込んでしまうことも。

エアコン

エアコンも同様に、壁に穴を開けて設置してあります。エアコンの配管を利用して壁の中を営利している可能性があります。家で見かけたねずみがエアコンに向かって逃げていくようなら、一度取り外して点検する必要があります。

家の構造部分

床下の通風口は、築年数が経つとカバーが劣化してしまいます。これによって穴が開くと、床下から侵入されてしまいます。

同じように、屋根も経年劣化で瓦が壊れたり、漆喰が剥がれたりすると、そこから穴を開けて入ってくることも。

また、外壁も素材によってはねずみが齧れるものだったりします。大胆にも、壁に穴を開けて入ってくることがあります。基礎と壁の間の隙間を見つけて侵入することも。

また、庇の下の隙間や戸袋などに隙間があると、垂直移動を得意とするクマネズミが侵入する経路になることがあります。そのまま天井裏を根城にして、家全体を走り回る可能性があります。

ねずみの侵入ルート【種類別】

ドブネズミ

ドブネズミは湿気に強いため、床下の通風口やトイレ・台所の排水管、壁の割れ目といった水気のある場所からの侵入が多いねずみです。

汲み取り式のトイレがある古い構造の住宅の場合は、直接トイレの中から出てくる事例も確認されています。

他のねずみに比べて体が大きく高いところが苦手なため、屋根やエアコンなどのパイプを伝った侵入は少ないです。そのため高層階のマンションでは、ドブネズミの被害はほとんどありません。

クマネズミ

クマネズミは家ねずみの中でも身軽さが特徴です。ドブネズミが登れない高所へもパイプをらくらく伝って上ることができます。

電線の上を綱渡りすることもあり、住宅の2階の窓からでも侵入してしまうため、戸締りはしっかり行いましょう。屋根瓦の隙間から侵入したという報告も。

ねずみ被害の9割がクマネズミと言われています。他のねずみが入らない屋根裏やビルの高層階など広範囲にクマネズミは侵入してくるので、侵入対策として念入りに防鼠工事をして出入り口を塞ぐこと大切です。

ハツカネズミ

ハツカネズミは家ねずみの中で一番身体が小さいのが特徴。他のねずみが通れない小さな隙間や身軽な身体を活かして高所などから住宅に侵入します。乾燥にも強いため、倉庫や物置に侵入するケースも。

主な侵入ルートは壁の割れ目や屋根の隙間、シャッターのわずかな隙間などがあげられます。あらゆる場所から入ってくるので、徹底的な防鼠工事での対策が必要。

少ない事例ですが、運び込まれた荷物や資材に紛れ込んで侵入するケースもあるそうです。

侵入経路を全て塞ぐのは素人ではムリ!

これだけたくさんあるねずみの侵入経路を、素人である私たちが全て発見して塞ぐのは不可能に近いと思います。この侵入経路がある限り、ねずみ駆除をしてもまた再発する可能性が非常に高いのです。

ねずみに侵入されてしまったら、駆除と一緒に侵入経路を塞ぐことも大切。防鼠工事をして、再発を防いでくれる業者に依頼するのがベストな方法です。

完全駆除したいなら! 信頼できるねずみ駆除業者3社 ねずみ駆除業者3社はこちらから
目指せ完全撃退!ねずみ駆除業者ガイド【首都圏版】